映画の感想 ___t_ ____t_

アクセスカウンタ

zoom RSS パーマネント・バケーション

<<   作成日時 : 2011/07/14 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パーマネント・バケーション

1980年 / アメリカ
監督 ジム・ジャームッシュ
脚本 ジム・ジャームッシュ



説明できないことを説明したかったという独白の通りの内容。
自分のことを皆イカれていると言う。
アリー自身まわりにそう呼ばれていることを気に入っているようにも見えた。
しかし、精神病院に入院している母のことをアリーはイカれていると言う。
アリーが道行く先々で出会う人々は、僕の目から見て変わっているように見えた。
価値観はさまざま。

冒頭の独白の通り「ここ」から「ここ」へアリーは移動していく。
どこにも入口も出口も見あたらず、ただ淡々と生きていく。
暮らす場所を変えても自分が変わらない限りそこから見える景色は変わらないだろう。
しかしアリーは、自分はこんな生き方しかできないと言う。
彼が抱えるその感情はどこか懐かしくもあった。
青春映画だと思う。

この作品はジム・ジャームッシュの卒業制作映画でもありデビュー作品でもある。
次作以降の作品と本作とでは、一見テーマが違うようにも見えるが、やはり核となる部分は似ていると感じる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パーマネント・バケーション 映画の感想 ___t_ ____t_/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる